代表取締役社長横井洋治のメッセージ。株式会社横井製作所(京都府宇治市) | 精密プラスチックの横井製作所

トップメッセージ

ごあいさつGreeting

私たち株式会社横井製作所は、起業当時より多品種少量生産を行ない、自動車部品の製造から、OA機器部品の製造へ30年のキャリアを生かし、常にチャレンジ精神でお客様、社会のニーズにお応えしてきました。

当社は、2008年に新工場に移転しましたが、現在では嬉しい事にOA機器部品については、弊社の提案型営業を採用していただける土壌もでき、安定した生産状況を維持できています。 また今後の取組み・改善点も明確化し、お客様の御依頼に対し常に前向きに丁寧に取り組んでおります。

「我々横井製作所は創造的なモノづくりを通じ、感謝・感動・喜びを共有し社会の発展に貢献する」
「どんな仕事にも発注側と受注側の双方がおり、この関係は対等である」
創造的なモノづくりを通じ、感謝・感動・喜びを共有していくには、「人を大切にする」という意識が大事です。従業員が安心して働ける企業づくりをすることで、従業員が積極的にCSR活動に取り組み、地域社会への貢献につながると考えております。発注側である得意先、受注側である仕入先についても関係は対等で、お互いの利益を考えて、いいものをつくりあげていかないと仕事はうまくいかないため、「人」を通じて仕事相手も大切にするよう努めています。

「青は藍より出でて藍より青し」従業員の教育に力を入れ、昨日を基に今日の成果で明日を作り出す。弊社はこの方針に基づき、イメージカラーを青色としています。

これからも株式会社横井製作所は、高い品質水準・提案型営業・社会に必要とされる企業・物創りを目指し、チャレンジを続けていきます。

社長メッセージGreeting

代表取締役社長 横井洋治

1,社会に貢献できる会社

社会的責任を全面的に果たしていく(CSR)への取り組みを重点に、地域(宇治市)/社会(日本国)への貢献、また、従業員が安心して働ける企業づくりを目指し、様々な取り組みをおこなっております。

2,提案型の営業活動

お客様(得意先)の御要望・ニーズに対応できるよう、まだ世の中にでていない製品作り、アイデアを形にできるチャレンジ提案を積極的におこなっております。

3,物創りの合理化

製造方法の合理化、検査部門の合理化/自動化を積極的に取り組み、㈱横井製作所ならではの物創りを展開しています。

4,材料メーカー/金型メーカーとのタイアップ

材料・金型・成型の3~4社で1つの物創りを行ない、海外生産ではなく国内生産にこだわり、国内ならではの製品改良,短納期,海外メーカーとの価格競争へ取組みをおこなっております。

材料メーカーとの協調をもとに、各要求部品に対する最適な材料・特性の提案を実施。 金型日本トップメーカーとの協調を生かし、自社生産(80%)それ以外の難易度の高い、金型・成型も可能となり、どんな形状のリクエストにも提案・対応可能となりました。 また、こうした国内生産への取組みを地道におこなう中で、日本国内の雇用安定にも貢献できていると確信しています。

CSRへの取り組みCorporate Social Responsibility

株式会社横井製作所では、従業員が安心して働けるよう様々な取り組みをおこなっております。 2013年には待望の託児所を設置。各種教室の開催支援や、慰安旅行の実施、環境への配慮など、CSRに積極的に取り組んでいます。(詳しくはCSRのページをご覧ください) 従業員の安定=地域・社会の安定へ。 株式会社横井製作所は、安定した社会造りに積極的に貢献しています。